フェリーで一泊四日の激安サイクリング旅行

 

フェリーを使っての旅行は自転車をバラさずに載せられるので「輪行」では

ないですが、こんな自転車旅もあるという事で・・・

 

5/3 博多→下関(サイクリング)→小倉港(松山行フェリー船中泊)       5/4 松山港着→しまなみ海道(サイクリング)→道後温泉(ゲストハウス泊)   5/5 道後温泉(周辺をポタリング)→松山港(小倉行フェリー船中泊)      5/6 小倉港→博多(サイクリング)

 

フェリーを使ったのは、ゴールデンウイークに「しまなみ海道」を走りたいと

思った時でした。まず博多から下関へサイクリング(約100Km)

下関で先帝祭という壇ノ浦の合戦に由来した祭りを見学

 

夕方、小倉港に着く。夜フェリーに乗り込み、朝方、四国の松山港に着く。

サイクリングでしまなみ海道を少し走り、きれいな景色を堪能。

 

 

道後温泉のゲストハウスに泊まる。一泊2,000円!安い!今回、宿に泊まるのは

1回だけなのでケチる必要ないのですが、ある目的で利用しました。

「宿泊中の外国人ともいろいろおしゃべりを楽しむ」です。宿泊者には、

アメリカ人、カナダ人、ポーランド人など・・・

 

二人の女子はカナダのロンドン(ん?)から来たらしい。グーグルで調べると

アメリカのデトロイトに近い所に位置する。留学先にお薦め、とかいう情報も

グーグルには出ていた。こういう所での会話でも一生忘れないだろうから、

外国人とおしゃべりするのは楽しい。

 

翌日はレンタルのクロスバイクで松山城など見て回る。レンタル料300円とは安い!

よそでもこれくらい安くしてくれればいいのに。

 

そして夜、松山港からフェリーに乗り込み、翌朝小倉港へ。でまた博多までサイクリ

ングで帰宅。1泊4日の一人旅で掛かった全ての費用は32,000円。総走行距離は380

Km(つまりこの距離間の交通費は不要で、自分の体への燃料費のみですね)ちなみに

私はグルメではないので、普通ならもっと食事も楽しみたいところですね。

 

5月の連休中に一人で目一杯楽しみました。(家族の理解あっての事ですが)

自転車はスピードが遅い分、周りの景色が堪能できます。これをよその土地でやったら

好奇心全開です。遠くの土地で走り廻れば発見だらけです。こんな旅もどうでしょう?


輪行(りんこう)で旅をするのもいい

 

輪行って知ってますか?

 

自転車を輪行袋という専用の袋に入れて電車や

飛行機に乗せて移動できるんです。自転車の前輪だけ、あるいは前後輪

両方を外して輪行袋に入れ、コンパクトにして乗り物に載せます。私は

電車やフェリーに載せてサイクリング旅行をしました。

 

電車で初めて輪行したのは、長崎までサイクリングして博多に帰る時でした。

さすがに帰りを漕いで帰る脚力はなく、それに特急列車なので、短時間で帰る

事ができるからでした。

 

このように、自宅から自転車で行ける所まで行き、電車で帰る手段があると、

走りのバリエーションも増え、楽しみが増します。もし、行きが電車で高原

に降り立ち、帰りが自転車ならば、ずっと下りになって楽そうです。

 

ただし、向い風だと下り坂の恩恵が受けられません。強い向かい風だと逆に

「上り坂だっけ?」と思う時がある位キツイです。(下りでも!)私は長距離

のサイクリング計画を立てる時はヤフー天気で風向きを確認しておきます。

 

一日中追い風なら最高!だいたい目的地方面に向かって吹いていれば楽です。

一泊二日のように目的地まで行くだけならそれでいいですが、日帰りなら、

疲れている帰りの方向に吹いているのがいいですね。

 

私も、毎週同じ所ばかりサイクリングしていると飽きてきます。変化がないで

すね。たまには遠くまで行きたくなります。けど、時々帰ってこれるか分から

ない所まで行ってしまう事もあり、焦ります。

 

こういう時、輪行袋(折りたたみ傘の袋2つ分の大きさ)があれば助かります。

サイクリング中に膝が痛くなり漕げなくなった非常時のために持っておくと

いうのもありです。

 

実際、サイクリング中に膝が痛くなり、自宅ではなく、実家が近かったので逃げ込んだ事がありました。この時、輪行袋があれば膝が壊れるのを心配する必要はありませんでした。

 

日帰りでも、一泊二日でも輪行袋があれば、日頃のマンネリ化した生活から脱出できるので活用したいですね。

 


博多から長崎までのサイクリングお薦めルート

 

 

 

JR博多駅から長崎駅までのサイクリングでお薦めのルートを紹介します。
このルートはなるべく坂道がなく、平坦で大通りを走りたい人向けです。
走行距離は160~170Km、晴れた日は追い風になることが多かったです。

朝6時に走りだして夕方4時とか5時に到着する感じです。

 

九州は関東や北海道より日の出が遅いので予定組みは気を付けてくださ
い。30分から50分くらい遅いです。まあ、日の入りも遅いので走れる時
間は同じですが。

 

私の脚力では平均スピードが22Km/hくらいなので、片道10~11時間かか
りますから、日照時間の長い「初夏」に数回走りました。5月から6月下
旬です。逆に冬場だと時間が足りず、日没までに到着できないかも(私の
場合)

 

福岡市内を抜けると「鳥栖筑紫野道路」という、元有料道路だった所があ
るのですが、今は無料になり自転車も走れるので鳥栖まで一気に下れます。

 

 

このルートの見どころ一つ目は、九州最大の河川である「筑後川」を横目
に昔から変わりない雄大な景色を楽しめる所。二つ目は有明海沿岸の干潟
を見ながら快走する気持ち良さ。常に左手に海が見えているので解放感あ
ります。三つ目は長崎市内に入った時の異国情緒溢れる街並みにワクワク
し、「着いた!」と達成感に包まれる所でしょうか。

 

走り切った後、長崎市内でグラバー園など観光地を巡りながらカステラを
食べたり、長崎ちゃんぽん(本場は本当においしい)を食べたり、余力が
あれば市内を一望できる稲佐山に上ったり・・・。

 

坂バカなら自転車で登らないで帰ることはできないでしょう。私も長崎ま
で走った後、元気が残っていたので挑戦したのですが、登りながら「さす
が長崎。なんだこの勾配は!」と苦笑しました。(一応、ケーブルカーも
あります) けど頂上からの眺めは本当にお薦めです。

 

 

泊りはゲストハウスだと2段ベットで2600円でした。外国人が多いので交流
できたら楽しいと思います。ただし、他人のいびき対策で耳栓はマスト。

次の日は近くを散策してみます。長崎は歴史的建造物がいっぱいあるので
退屈しません。

 

そして、長崎駅から特急電車で博多へ輪行して帰ります。
ネット予約の「九州早割7」なら2300円!激安です。
満足感にひたって「また走りたい!」となるルートです。


プロフィール

高校は進学校だったが、成績は振るわず。大学時代はバイク三昧。結果中退。プータローの後、サラリーマン歴30年超。とにかく趣味ファーストの人生。バイク、ラテンダンス、サイクリング、ファッションとラテン的な趣向に。イケてないバイクと自転車を乗り回す日々。

カテゴリー

ページの先頭へ