マリアッチを引き連れて恋焦がれた人の家へ


 

私の事ではありません。(*^_^*)
メキシコから日本へ留学してきたフェルナンデスの話です。
英会話を習っていた時、友達がメキシコ人の彼を連れてきました。

 

彼はすでに日本語が上手だったので英語を使うことはなかったの
ですが、彼の国の事を聞いたりするのは興味深いものでした。

 

その中で面白かったのは、恋心をいだいた女の子の家に
楽団のマリアッチを引き連れて行くというものでした。

 

なんか、世界のドキュメンタリーとか映画で見たような記憶が
ありますが、本当にそんな事するんだ!と驚きました。

 

気になる女の子がいる男がどうするかというと、マリアッチ
(メキシコの3人くらいの小楽団)を雇って、女の子の家に行きます。
そして、その子の部屋の下に行って、

(女の子の部屋は2階です)

彼は楽団の音楽に合わせ一緒に恋の歌を歌う。ロマンチックですね。

 

それに気づいた彼女が窓から顔を出せば、OK

そこでフェルナンデスが言ったのが・・・

 

「彼女の部屋でセックスします」

 

お~~っ!ちょっと言い方がストレートすぎるっ。
こっちが赤面してしまいます。

まあ、留学生なので「エッチします」とかの控え目な言葉は
知らないのも当然ですね。そんなに変わらないか?

 

こんな感じで異国の風習とか聞くのは面白い。

他には、「キューバの有名なバンドが来るから一緒に
聞きに行こう」と誘われ、長崎ハウステンボスであった
コンサートにも行きました。

 

村上龍氏がプロデュースしたラテンイベントです。

あれこれ説明するより、動画を見てもらった方が早いですね

(動画はハウステンボスのものではありません)

 

どうですか?このエネルギッシュなサウンド!

カラダがムズムズしてきます。

リズムとパーカッションの音がビンビンきます。

 

メキシコ人の彼がステージに向かって「ビバ クバ!」と叫んでいます。

キューバ万歳!、キューバ最高!みたいな意味ですね。

やはり、ラテン系の人と一緒だと何倍も楽しめます。

 

そういえば、この時舞台真下のかぶりつきで聞いてました。

特別なチケットじゃなかったけど、なんでこんないい場所で

聞けたのか謎です。

 

ほんと、ラテンは最高ですね。

 

 

 

 

 

 


カテゴリ:ラテン  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

高校は進学校だったが、成績は振るわず。大学時代はバイク三昧。結果中退。プータローの後、サラリーマン歴30年超。とにかく趣味ファーストの人生。バイク、ラテンダンス、サイクリング、ファッションとラテン的な趣向に。イケてないバイクと自転車を乗り回す日々。

カテゴリー

ページの先頭へ