ブログタイトルの「いいバイク」とは?


私にとっての「いいバイク」とは

ロードバイクならBMWのS1000RR、ドゥカッティのパニガーレ
オフロードバイクならKTM250EXC-F,ハスクバーナTE250あたりでしょうか

 

ロードバイクで峠道を走ったり、オフロードバイクでエンデューロレースに出
たりしていた私はこういうスポーツ走行に適したバイクが好きです。
そもそも、RZ250RRというロードバイクから始めた訳ですが、オフロードバイ
クにも乗ることになりました。きっかけは・・・。

 

最初に買ったRZ250RRに慣れ、ロードバイクの面白さが分かってきた頃、

発売されたばかりのTZR250に乗り換え、いつもの峠に来てました。

県内ではまだ誰も乗っていないであろう、新型車です。「これなら敵なしだ」

とウキウキ気分でした。

 

なんせ、初代TZRはそれに乗り換えただけで、サーキットのラップタイム

を数秒縮められるという、それまでの常識を覆す衝撃的なものでした。

 

そして、峠で出会った二人組と一緒に走ると、先頭を走るRZ250RR(つまり
自分が依然乗っていたヤツ)が速いんです。それもコーナーの入り口から
中ほどまではTZRの私の方が速いんですが、コーナー出口にかけて引き離さ
れます。で、なんと前のバイクはリヤタイヤを滑らせながら立ち上がって
いくではないですか!?

 

聞くと、普段はモトクロスをやっていて、タイヤを滑らせるのは慣れてい
るとの事。ロードバイクがチョット速く走らせられるようになって得意げ
になっていましたが、こんなレベルの人がいるなんて。

 

というわけで、さっそくヤマハのDT125というオフロードバイクを
手に入れ、練習に励んだのでした。バイク屋の林道ツーリングに参加した
り、河川敷のモトクロスコースで練習したり。タイヤの滑りやすい所で走
り回るのは、バイクコントロールを身につけるには最適でした。

 

この動画はロードレーサーを目指しているライダーの練習風景です。

 

 

素晴らしい! 舗装路でこれだけ自由自在にバイクコントロールできると楽しいですよね。

 

 

私の場合、125ccという扱い易いサイズだったことも良かったと思います。
パリダカ仕様みたいな大柄で高価なバイクなら、倒したくないし、壊した
らお金がかかるから、これは練習用にはベストでしたね。

 

どうやったらコケずに走らせられるかが分かってくると、ロードバイクも楽し
いし、オフロードも奥の深さにはまっていき、やめられなくなってきました。

オフロードが面白すぎて、そのままロードバイクに戻れなくなるライダーは多
いです。


カテゴリ:バイク  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

高校は進学校だったが、成績は振るわず。大学時代はバイク三昧。結果中退。プータローの後、サラリーマン歴30年超。とにかく趣味ファーストの人生。バイク、ラテンダンス、サイクリング、ファッションとラテン的な趣向に。イケてないバイクと自転車を乗り回す日々。

カテゴリー

ページの先頭へ