理解不能な動きのトライアル

 

トライアルというと、岩場やつるつるの斜面を登ったりと
ロードバイクではありえない場所を走行しますね。

 

私もバイク屋のお兄さんがトライアルライダーだったので
どういうものかは知っていましたが、実際見てみようと
全日本トライアル大会が「フィールド佐賀大和」という場所で
あるというので行ってみました。

 

ビデオでは見た事があるものの、全日本という国内最高峰の大会
を目の前で見るわけです。それはもう、唖然とするしかありません
でした。

 

このビデオはその当時のものではなく、2012年のですが、

佐賀大和であった分です。

 

最初、沢でぬかるんだ所から駆け上がって、一旦岩に乗り上げ
態勢を整えます。こんな岩でもトライアルライダーは「平らな所」
とかいうから訳わからないです。そして先の方の岩に飛び移ります。
とても簡単そうです。・・・あ、嘘つきました。

 

ちょっとオフロードバイクで遊んでてもこんなことできないです。
ビデオ中盤からはヒルクライムという、登れるか登れないかの
どっちかというところが分かりやすく見てて面白いですね。

 

この日は本当にショックを受けました。同じバイク競技といっても
こんな世界があるとは・・・。

 

その頃、20代半ばでバイクに乗り始めてから5年以上経って
いたでしょうか。突然トライアルがやりたくなりました。
ただ、専用のバイクを買うわけではなく、手持ちのバイクで
やってみようというのが自分らしい所で、ヤマハDT125という
2サイクル車で遊ぶことにしました。

 

それは専用車とは比べるべくもないですが、ビデオで見た
とおりの動きになるよう、イメージトレーニングしてから
岩や斜面にアタックしていました。このバイク、エンジンが
結構粘り強く、エンジンストールしにくかったんです。
それと車重も軽く、振り回すのが楽でした。

 

こんな感じで、バイクコントロールする事の何もかもが
面白くて頭の中がいっぱいだったので、勤め先の社長には
悪かったなぁと思っています。


カテゴリ:バイク  [コメント:0]

エンデューロレースという過酷なレースにはまる

大学をやめて社会人になった時、残っていたバイクは
DT125という2サイクルのオフロードバイクのみでした。
その他のロードバイクやスーパーカブなどは大学を中退
する時に処分していました。

 

私にとって ”これだけは処分できない”のが
オフロードバイクでした。
その頃知り合ったバイク乗りの友人と、休日には山にいったり
不整地に行ったりして、毎週のように乗り回してました。
とにかくオフロードは、舗装路と違って路面のパターンが
とんでもなく多く、それぞれに技術を習得しないといけなかった
のが新鮮でやめられなくなっていました。

 

この遊びの延長がレースでした。
エンデューロレースと言って、モトクロスコースや牧場などの
特設コースを数時間走り、順位を争うものです。

このビデオは世界一過酷なエンデューロレースの一つです。

 

 

”エルズベルグロデオ”というオーストリアで行われるものですが、
まさに山あり谷ありと文字の如くの過酷さですね。
どんなものかイメージとして紹介したのですが、ちょっと極端
すぎたかもしれません。

 

元はと言えば、ロードバイクの運転がうまくなりたくて始めた
オフロードですが、コントロールの難しさイコール楽しさで
泥沼にはまっていきました。それにしても、あの頃はワンレースに
300台以上参加者が集まる事もあって、盛り上がってましたね。
今も各地で開催されているので、またやりたいです。


カテゴリ:バイク  [コメント:0]

いじめられっ子だった

いつも帰り道にある神社で私は仮面ライダー

キックの練習台となってました。
神社の階段を2,3段登った所からいじめっ子が
飛び降りながら私にキックするのです。

 

私は気が弱かったのでしょうがありませんでした。
生まれながらの性格はどうしようもありません。
泣いて帰る日々でした。

 

それは耐え難い日々だったので、さすがの私も
保育園の先生にいじめの事を話しました。
そうしたら、いじめっ子が泣きながら私を追いかけて
きました。かなりキツク叱られたようです。

 

なぜかその頃、足が速かった私は余裕で逃げられました。
しかし、その後いじめがなくなったわけではなく、
いじめられっ子という立場は変わりませんでした。

 

小学生に上がってでしょうか。私は考えました。
「勉強で勝ってやろう」
カラダが強くなかったのでそういう考えに至りました。
ドラえもんに出てくるジャイアンなら誰も恐れること
はないですが、のび太タイプは何か武器を持たねばなりません。

 

中学校に上がると勉強時間が遊ぶ時間よりも圧倒的に
長くなりました。やはり自分の中で敵と戦っている状態
です。いつでも戦えるようにです。

 

ある日、生意気だと思われたのでしょう。クラスメイトが
喧嘩をふっかけてきました。その時、言ってやりました。
「あんたには勉強なら余裕で勝てるから」と言って
撃退しました。

 

これを言うために今まで勉強していたのかもしれません。

「なんだ、勉強ができたっていう自慢話か」と思わないで下さい。
私も生き残るために必死だったのです。


カテゴリ:未分類  [コメント:0]

ファッションでバラ色の人生?

20代独身の頃、バイク友達が言いました。
「車でもないと彼女できないだろ」
その頃の自分はバイク一筋で彼女作るのは二の次でした。
「そうだな。車があればデートに誘いやすいな」と思い
彼が見つけてきた車を40万円で買いました。

 

準備が整うと、他の友人が「うちの会社の女の子を紹介しよう」
というのです。いい友達をもったもんだ・・。
その女の子と会えるよう、彼にデートのセッティングまでして
もらいました。

 

 

 

夏の夜、その日は遠くの花火大会に車でデートするという
抜群の設定でした。がんばらないと・・・
待ち合わせ場所に行くと、女の子が後ろ姿で立っていました。
もしかして、ワンレンボディコン!?
声を掛けてみると、やはり友人が紹介してくれた子でした。

 

イケてない自分にはもったいない子でした。
運転中は緊張してあまり面白い話ができません。
学生時代は男子クラスだったことが多かったのでなおさらです。
大学時代、合コンしてたら隣の席にたまたま同級生がいて、
何もしゃべれない自分は冷やかされてました。

 

かわいそうに、彼女は全然余裕のない男とデートする事になったのです。
なんとか次に繋げたいけど、次のデートの約束まではできず終了でした。

 

その後、考えました。話が面白くないのは今の自分ではしょうがない。
そうじゃなくて、「彼は会社員だけど実家は裕福でお金は持ってる」
という人がよかったのかもしれませんが。
それよりも、彼女が頑張って勝負服で来てくれてたのに、自分の恰好は
残念すぎないか?その辺を反省しました。

 

たしかその時はヨレヨレのジーパンにシャツは色も柄もいまいちだった
と思います。間違ってもジャケットなんか羽織ってなかった。
もうちょっとマシにならないか?と思ったわけです。

 

それからは、ファッション雑誌を読み漁り、女性誌も見るように
なりました。好みの子が読んでそうな雑誌を探し、出てくるモデル
の子の横に立っている男の服装に注目するわけです。その男性
モデルの恰好が、雑誌を読んでいる女子の理想の彼氏となる訳ですね。

 

 

それが分かってからは、”タカキュー"に通い、洋服を揃えていきました。
頻繁に通うので、店員にも「今月のお薦めはこれですよ」と言われるように。

 

その頃通っていたピアノ教室の先生が「彼氏になる人はカジュアルを上手
に着こなしている人がいい。スーツじゃみんな一緒でしょ?」と言ってま
した。なるほど。

 

そうして、きれい目な「ジャケパンスタイル」を確立していきました。

今は自転車やバイクに乗る時はそんなに頑張ってないですが、
街に出るときはちゃんとした服装で出かけるようにしているので、
いい事がいっぱいあります。

 

確かに人生バラ色になること間違いなしです。


マリアッチを引き連れて恋焦がれた人の家へ

 

私の事ではありません。(*^_^*)
メキシコから日本へ留学してきたフェルナンデスの話です。
英会話を習っていた時、友達がメキシコ人の彼を連れてきました。

 

彼はすでに日本語が上手だったので英語を使うことはなかったの
ですが、彼の国の事を聞いたりするのは興味深いものでした。

 

その中で面白かったのは、恋心をいだいた女の子の家に
楽団のマリアッチを引き連れて行くというものでした。

 

なんか、世界のドキュメンタリーとか映画で見たような記憶が
ありますが、本当にそんな事するんだ!と驚きました。

 

気になる女の子がいる男がどうするかというと、マリアッチ
(メキシコの3人くらいの小楽団)を雇って、女の子の家に行きます。
そして、その子の部屋の下に行って、

(女の子の部屋は2階です)

彼は楽団の音楽に合わせ一緒に恋の歌を歌う。ロマンチックですね。

 

それに気づいた彼女が窓から顔を出せば、OK

そこでフェルナンデスが言ったのが・・・

 

「彼女の部屋でセックスします」

 

お~~っ!ちょっと言い方がストレートすぎるっ。
こっちが赤面してしまいます。

まあ、留学生なので「エッチします」とかの控え目な言葉は
知らないのも当然ですね。そんなに変わらないか?

 

こんな感じで異国の風習とか聞くのは面白い。

他には、「キューバの有名なバンドが来るから一緒に
聞きに行こう」と誘われ、長崎ハウステンボスであった
コンサートにも行きました。

 

村上龍氏がプロデュースしたラテンイベントです。

あれこれ説明するより、動画を見てもらった方が早いですね

(動画はハウステンボスのものではありません)

 

どうですか?このエネルギッシュなサウンド!

カラダがムズムズしてきます。

リズムとパーカッションの音がビンビンきます。

 

メキシコ人の彼がステージに向かって「ビバ クバ!」と叫んでいます。

キューバ万歳!、キューバ最高!みたいな意味ですね。

やはり、ラテン系の人と一緒だと何倍も楽しめます。

 

そういえば、この時舞台真下のかぶりつきで聞いてました。

特別なチケットじゃなかったけど、なんでこんないい場所で

聞けたのか謎です。

 

ほんと、ラテンは最高ですね。

 

 

 

 

 

 


カテゴリ:ラテン  [コメント:0]

プロフィール

高校は進学校だったが、成績は振るわず。大学時代はバイク三昧。結果中退。プータローの後、サラリーマン歴30年超。とにかく趣味ファーストの人生。バイク、ラテンダンス、サイクリング、ファッションとラテン的な趣向に。イケてないバイクと自転車を乗り回す日々。

カテゴリー

ページの先頭へ